F1QGP communication w/us

5139
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

ダイブ・バー No.29 - Hacchi-

2020/09/17 (Thu) 12:47:46

 @;:-^¥*+ マヤって名乗ってたのだけど、でもね優平君、こっちで、マユミだと、発音しずらいし、覚えずらいから、マヤって名乗った可能性もない⁉」 と、田口は顎を少し上げ、片眉を上げ、優平を見やる。
「確かに、それはありうるけど」

 そこで、田口は片手をあげ優平を制し、「でね、リサちゃんに、お母さんLAに留学したことない? って、前会ったときに聞いたら、あるって言うの。 でね、いつ頃って聞いたら、20代後半に総務省のキャリア留学でUSC(南カリフォルニア大学)に行ってたって、お母さんから聞いたことあるって言うのよー」

 そこで、田口は指を鳴らし、「ビンゴー!」 と叫び、 
「そのチャイナタウンのバーで、マヤ、USCの学生だと言ってたのよー。 しかも、20年ぐらい前の出来事だし、なんといっても、リサちゃんはさー、さっきも言ったけど、全体的にはヤス似だけど、細く筋の通った鼻や大きめの口、細く尖った顎は、マヤと同じよー」

 優平は口を開け目を丸くして田口を見やると、「確かに、リサの鼻から首までの辺りは、おばさんにそっくりです。 でも、あの切れ長の目は、おばさんにもおじさんにも似てなくて、それで、いつかリサのおばあちゃんが、リサの目は、あたしのお父さんの目にそっくりよ。 と、隔世遺伝とかなんとかと、いってましたね~」

 田口は。満足そうに、うんうんと首を縦に振ると、「リサちゃんの目は、ヤスと同じ、しかも長いまつげをバサバサいわせるところまでいっしょ」 と、田口は大袈裟に瞬きを繰り返す。


 マヤって⁉ ママとあたしが、ブリュッセルに居たときに、あちらの人がママをマヤって呼んでたわよね~ それで、あたしがママに、どうしてママのことをマヤって呼ぶの? って、ママに質問したら、ママが、こっちの人は、まゆみと発音しづらいから、マヤって呼んでとお願いしたの。 とかなんとか、ママが答えたこと覚えてるわー。 ということは、当然ママがUSCに留学していたときにも、ママはマヤって呼ばれていた可能性大で・・・ ひえ~ じゃあ~ 了さんが、言ってるマヤって九分九厘ママのことじゃん!? ・・・ ゲロゲロ~ ってことは、あたしの本当のパパは、ヤスさんって人⁉

 リサは、ポーチの陰で佇み、優平と田口の会話を吟味していた。
吟味しながらママであろうマヤの学生時代を垣間見るようで、それは多少驚いているが、ショックを受けるというより、寧ろ、なにかノスタルジックな気分で、甘酸っぱいママの青春時代の映像が浮かび、微笑ましい気分でいた。 

 待ってよ⁉ もし、あたしが、そのヤスとママとの子だとして、そのことパパは知ってたのよね⁉ んー⁉ 知らない⁉ 知らないわけないわよね~  いずれにせよ、パパはかわいそうよね~ でも、知っていながらママと一緒になったわけよね~ むむっ、パパかっこいいじゃん! だって、他の男との子を身籠る女と結婚するなんて、ソープドラマかなにかみたいじゃん⁉     

 パパ、ママのこと愛してるもんね~ ぞっこんって感じだものね~ ・・・ へっ⁉ じゃ他人のあたしをあんなにかわいがってるの? パパはー 

 リサは、ケニアで単身赴任している父の壮一郎を心底愛おしいと思った。 リサは青い空を見上げ、パパ愛してると、少し目を潤ませる。


 おっとっと、そろそろ、お二人の前に登場せねばねー あたしらしく・・・ 明るく、威風堂々と。 と、リサは持ち前のすばやい切り替えとポジティヴ・シンキングと言い聞かせ、優平と田口のいるポーチに向かいながら、笑みを浮かべながら、「ハロ~ お二人さん、ずいぶんとご機嫌なようね~」

第5戦Q19の件 異議申立て - Kazuo

2020/08/26 (Wed) 17:17:40

ペレスさん問題ですが、R4は皆さま×でしたので、実質問題になるのは、R570周年記念GPになります。
R6までのアンサーチェックにて、もしR5のQ19を無効にした場合を検証してみました。順位的には変更はありません。ただ、2択ではなくNO27に置き換えて回答したであろう私、長坂さん、八谷のポイントが+1加算されます。その他メンバーのポイント変更ありません。短いであろう今年のGPにおいてこの1ポイントは後々大きいと思うのですが…
委員長からの掲示板も回答期限の8/7であったこと、たぶんこの3名は既に回答済みであったことも鑑みて、R5のQ19は無効がフェアだと考えます。
皆様の同意を求めまして、異議申立て致します。

PS:長坂さんはどう考えますか?

ペレス陽性! - Hinna

2020/08/07 (Fri) 01:07:49

連チャンのシルバーストーン、ペレスがコロナ陽性でヒュルケンベルグに乗り替わっています。先週のレース直前に陽性の結果が出て・・・
Q19をどうしようかと思いましたが、どうしようもなく2戦目に。今回はほぼDで正解と思いますが、こんな時間に書いているので、みんながDと書いているように祈ります!! ペレスがいないまま答えてね。実際は2択ですよ!!!

Re: ペレス陽性! - Hacchi-

2020/08/11 (Tue) 12:56:05

いや、この場合、ペレス→ヒュルケンベルグ の置き換えが妥当かと思うのですが。
ボクは、その方式で回答しています。

Re: ペレス陽性! - Hacchi-

2020/08/11 (Tue) 13:02:44

いや、混乱を避け、第4戦イギリスGP以降の問19を無効にするべきです。

Re: ペレス陽性! - Kazuo

2020/08/13 (Thu) 21:07:22

一応、私もヒュルケンベルグに置き換えて回答していましたが、ハッチの言う通り混乱を招くのでQ19は無効に賛成です。

ダイブ・バー No.28 - Hacchi-

2020/08/11 (Tue) 14:50:16

 優平と田口が、ちょうどガラス製の3インチパイプに大麻草を詰めている頃、リサはヴェニスビーチのボードウォークから左に折れ、シェアハウスのあるホライゾン・アヴェニュに入ったところだった。


 リサは田口が以前語った、ヤスという男のことを考えていた。 
田口は私に会うたびにその男を思い出すと言っていた。
二人には、たくさんの共通点があるのだと。
たとえば、射抜くような黒い瞳の眼差し、はあ?というときの左眉を上げたときのその角度、はにかんだような微笑み、そして威風堂々としたその立ち姿、それは親子かまたは同種の特別な生命体のようだとも。


 優平は大麻草の入ったパイプを田口と回し吸いしながら、ムネノブ君について掻い摘んで話した。
「ぼくと同じテニスクラブにいた同学年の子で、ムネノブ君ていうのですけど、その彼、リョウさんの語ったヤスさんと、同系人だと思うんですよ。 ぼくも彼から、リョウさんがヤスさんから受けた、男が男に惚れるというような感情を抱いたと思います。 いや、その時はまだ小学五年生だったから、ただ、世の中にはすげぇ奴いるんだな~てな感じで、敵わないな~って、嫉妬とかそんな感情も抱けないほど、超越した人種だな~って、それに彼、凄くいいやつなんですよ」 と言いながら、優平は、ムネノブ君は、今どこで何をしているのだろうと想っていた。

 田口は、「凄くいいやつか~」 と、会津の郷土玩具赤べこのように何度も頷きながら、「ヤスも凄くいいやつで、その夜もビリヤードで勝った稼ぎでみんなに一杯振る舞って、残りはバーテンダーのチップで置いて行くんだよ~ 粋だよね~ しかも連れてた女性がすこぶる別嬪で、知性まで滲んでると来てるの。 まいったね~」 と、田口は赤べこのように何度も首を左右に振っていた。
 優平も赤べこように何度も頷きながら、「想像できますよ。 ムネノブ君も同じようなことするだろうな~と思うし、きっとすれ違った誰もが振り向くようなホットな女性連れてるだろうな~」 と、余韻を乗せて赤べこのように頷き続ける優平。
 「ホットといば、リサちゃんホットでしょう⁈ 実はね、優平ちゃん」 と、急に真顔に成った田口は、どいっても、ハイになってるときの真顔は、どこか間抜けなのだが、「リサちゃんとヤスは、全体的にそっくりなのよー 立ち姿とか、素振りだとか、あとあの目よね~ それでね、鼻筋とか顎のラインとか、声は、そのときのヤスの同伴女性と同じなのよ~」 と、隣に座る優平の膝を、よくおばさんがするように、パ~ンと叩くと、どう?ばかりに、目を見開き優平をみる。
 「えーと、つまりリョウさんは、リサがそのヤスって人とリサのお母さんとの子供だとでも? リサのお父さんの名前は、壮一郎でお母さんの名前は、眞由美ですけど」 と、優平は少しとろっとして充血した目を細めて田口を見やる。
 その目を同じく少しとろっと充血した目で田口は受けると、「知ってる。 リサちゃんに聞いたから。 でもね、その女性は、マヤって名乗ってたのだけど @;:-^¥*+


 そのとき、リサはシャアハウスの前に停めてある田口の愛車1978年製ダッジ・マグナムGTの側まで来ていた。
 リサは、鼻をくんくんいわせ、ずいぶんと上物の匂いだわね~と、腕組みしながら思案し、この甘みと酸味に新緑の混じったこの匂いは、ふむ、パイナップ・ディーゼル⁈ いや、サワー・ディーゼルかも⁈
さっそく、ご相伴にあずからねばと、うきうきしながら軽くステップを踏みポーチに向かおうとしていたとき、田口が発したマヤの一言に、はっとして足を止めた。

Q19 ペレスさん問題 - Kazuo

2020/08/04 (Tue) 16:41:29

Q19の件ですけど 
ペレスさん、新型コロナ感染で戦線離脱。
どーします?
代役のヒュルンベルグNO27で比較する?
それともQ19はペレス復帰までノーカウントにします?

ネットニュースだと復帰は6戦以降って書いてあったけど…

ダイブ・バー No.27 - Hacchi-

2020/08/01 (Sat) 10:05:18

 優平は田口の言う、男が男に惚れるとは、いったいどういうことかを考えていた。
 自分には、惚れこんだと豪語するほどの男に出会ったことがあるのだろうか。

 そうだ。 一人いる。
 
 優平が小学5年のときに田園調布テニスクラブに入部した。
そのクラブに、ジュニアで東京都ランキング・トップ10に入っていた、プレイヤーを思い起こしていた。
 その彼に、自分とはまったく次元の違うプレーに、優平は度肝を抜かされた。
 その彼のショットは、一つ一つに意味があり、謂わば魂のこもった一球を打っていた。
 彼の自信に溢れたプレーと美しいスウィング・フォームに魅了された。
彼がサーブのトスを上げるとき、ボールは空中を舞、打つ前の一瞬それが止まると同時に世界中の時計が止まるような錯覚に陥った。
 あの不思議な感覚。
あれはいったい何だったのだろう。
そして彼は同じ星の人間だったのだろうか。
 運動を得意としてきた優平にとって、九品仏小学校では、ほとんどのスポーツで、同学年ならばこれほどまでの差を感じたことがなかった。
しかもその彼はすごくいいやつで、ぼくがたまに、ねらい通りに入ったショット一つ一つをラケットを叩きながら、「ナイスショット優平君」 と褒めてくれた。

 一挙手一投足に気を配るやつだった。
 物言いといい、こいつ本当に同じ五年生か?! と疑うほど大人びいたやつだった。

 「*@:・*+>=@・・・ でね~ あれー 優平君、今あっちに行ってたでしょう?! もうそんなにハイなのー?! ずるいな~」 と田口は体をくねりながら、咎めるように目を細め、優平を睨んだ。

 「いやー 男が男に惚れると言えるほどの男に巡り会えたことが、今までにあったかなあと考えに耽ってましたー」 と、優平は照れたように頭を掻いた。

 「ぼくだって、後にも先にもヤスだけよ。 あっ、彼ヤスっていうのね。 彼のキューを弾いたときのあの一瞬の静粛の間、まるで世界が停まったようになるのよ~ まるで世界中の生き物が、いやそこの壁でさえ、彼に目を奪われたみたいに、固唾をのんで見入ってしまうの」
 田口は、一瞬息を呑むように動作を止めると、
 「次に起こるボールのアクションは、いつも想像していたよりも、期待してしていた以上に、美しいラインを描いてキュー・ボールは走り、上質のマエストロの如く音を響かせ球をヒットする。 そしてここに? というところに停まるのよ」

 田口は、ふうっと、一つ浅い吐息をもらすと、「それは、ただのビリヤードとか、パフォーマンスだとか、芸術だとか、そういう俗物なものじゃないのよ。 それは、異次元とか、別世界とか、違う星とかのレベルなのよ」

 優平はそこまで田口の話を聞いていて、このヤスって人、さっき思い出していた、ムネノブ君と同系人じゃない?!
 こんな奇遇があるものか? さっき、リョウさんが男が男に惚れる話を始め、それで思い出したのが、ムネノブ君で、それからリョウさんが語るヤスさんが、まるでムネノブ君みたいなスーパーマンか何かみたいって。 

 どうなってる?

 優平はなにかお尻がむず痒くなったような居心地の悪さを感じて、「リョウさん、もうワンポット行きませんか」 といった。

今後の日程 - Hinna

2020/07/17 (Fri) 22:54:23

今後の日程です

7月17~19日  ハンガリーGP 

7月31~8月2日 イギリスGP
8月7~9日   70周年記念GP
8月14~16日  スペインGP

8月28~30日  ベルギーGP
9月4~6日   イタリアGP
9月11~13日  トスカーナGP

9月25~27日  ロシアGP
 
 *以降の日程は決まり次第順次発表だそうです!

まだまだコロナウィルスとの闘いは続くでしょう。先ずはワクチンが出来るまで、治療法が確立するまで、気を抜かずに乗り越えましょう!!! 

ダイブ・バー No.26 - Hacchi-

2020/06/30 (Tue) 19:21:20

 優平と田口は、充血した目を瞬きながら、リサの住むシェアハウスの様子を窺うように見やると、どちらからともなく1978年製ダッジ・マグナムGTの分厚い鉄製の重く大きなドアをゆっくりと開けた。
 足を外に投げ出すように出すと、二人同時に深い息を吐きながら外に出た。

 二人は、スパニッシュ風の赤レンガとベージュ系に塗られた平屋の一軒家の前に仁王立ちになり、家の様子を窺うように、しばらくたたずむと、どちらかともなく、
「誰もいないみたいだね。 では、一服して待つかね~」 と、ドアを挟んで、置いてあるプラスチック素材で編みこんだチャコール色の椅子に座った。 
 「では、軽くパイプで吸いましょうかね」 と田口は、先ずは何やともあれいう風に、“マリーズボックス” と本人が呼んでいる小振の小箱を膝の上に乗せた。
 それはネイビーブルー色の紙製に特殊樹脂コーティングが施されたツールボックスのようだ。
 田口はその箱の上部の取っ手を二つに割るようにを開けると、きれいに並べてあるガラス製の円筒型容器群から一つ取り出すと、「パイナップル・ディゼルの気分かな~」 とおどけて語尾を上げ伸ばす。
 田口は同意の確認をするかのように優平を見つめると、その容器の上部を親指と人差し指で軽く圧をかけた。
 上蓋がぽ~んと小気味良い音をたてて浮いた。
 すぐさま、大麻草特有の香ばしい匂いが漂う。
 優平が目を閉じ、鼻を利かすように、その匂いを堪能すると、「甘みのなかにほのかに香る酸味が効いているところに、ほのかな草の匂いが混じって、嗅いだだけで軽く飛びますね」 と、頷きながらしきりに感心していた。
 田口は笑みを浮かべながら満足そうに頷くと、「でしょ~」 とまた、語尾を上げ伸ばしいうと、その容器から、一つまみすると、ガラス製の3インチパイプに大麻草を詰め、優平に、どうぞとばかり手渡した。

 雲一つない青い空を見上げる。 サングラス越しでも目を細めるほどの眩しさに目がくらむ。 何度か瞬きを繰り返すうちに、ダイヤモンドダストに似た空気中で無数に瞬く粒太陽光線は、行く先を阻むものは何もないとばかりに、容赦なく降り注ぐ。 
 ゆらっと身体がしなってるのかなしてきたかなと優平は怪訝な表情を浮かべると、何気なく田口の方を見やる。 
 田口はゆっくりと左右に揺れながら少し笑みを浮かべ、遠くを眺めている。

  
 田口が口を開く。 
 「あれは、ぼくがLAに着いて2週間ほどたった頃かな」 
 眩しそうに目を細め、少し間を取る。 
 「チャイナタウンにあるバーに、ドクターと呼ばれている東洋人で腕利きハスラーが居るといううわさを聞いて、8時ごろに様子を見るつもりで行ってみたんだ。 
あまり遅く行くのも怖い感じがしてね」 と、田口は優平に向かっておどけたようにすくんで見せた。
 「8時でもLAのチャイナタウンに足踏み入れたくないですねー」 
優平は警察物のドラマで、捜査のためにチャイナタウンに踏み込むシーンを思い出す。 
大麻草の効果か、リアリティのある想像になり心底すくみあがった。
 それを見ていた田口は、目をひん剥き、
「なにー 優平君。 今チャイナタウンに行っておどろおどろしい事でも想像していたんでしょう?! いいなあー そんなにハイになっちゃって!」 と、少し身体をしならせた。
 「それが案外そうでもないのよ。 そりゃ、どこの街のチャイナタウンも一種独特の雰囲気があって、中国語飛び交ってるイメージあるけど、いきなり首切られたりはしないわよ~ 入ったバーなんて、良きアメリカのバー、それはアメリカのどこの街でも一軒や二軒はありそうな、ジュークボックスがあって、ビリヤード台があって、長いカウンターバーがあってというやつよ」 と、そこまで一気に言うと、田口はボトルウォーターをごくごくとうまそうに飲んだ。
 優平は映画 『ハスラー2』 や他の映画に出て来る幾つかのバーを思い浮かべていた。 
 どれも、基本的に似通っていて、田口の言う通り、そこではカントリーやロックが流れ、バーカウンターには、キャメロン・ディアスみたいな大柄な金髪美人が大きな口角を上げ、「ハーイ」 と微笑を浮かべ、何する? とばかりに、片眉を上げる。 
 店の奥には、ビリヤード台があり、ジーンズにネルシャツを着たジェフ・ブリッジスみたいな、ひげ面の大男が、バドワイザーかなにかのビールをボトルで飲んでいる。
 「それで、その店行ってね、バーカウンターでビール注文してるときに、奥の方から、「ヘーイ ドクター・ヤス @*+#・・・」 という声が、奥の方から聞こえてきたのよ。 
それで、えっ?! ヤスってことは、日本人?! ということ?! って」
 「ヤスシ、ヤスヒロとかイエヤスという可能性も?!」
 「でしょう?! それで、ビールもって急いで奥の方に行ってみたわけ。 そしたら、長い黒髪をポニーテールにした彼がちょうど、キューを打とうとしている姿が目に飛び込んできたの」 
そこまで言うと、田口は芝居がかったように両手で口を押え、
「あたし、なにかデジャヴュか何かのような、ちょっと説明つかないような感情におそわれたの」
 「リョウさん、決まり過ぎていたのじゃないんですか?」 
優平はアメリカ留学来てからの経験から、大概のこの手の話、UFOや幽霊見たという顛末は、決まり過ぎていたということなのよね。 と、懐疑的に冷ややかな目で田口を見る。
 「ううん」 と田口は激しく首を左右に振り、
「あの頃はまだ、マリファナどころか一切のドラッグ未経験よ。 とにかく、奇妙なほどの既視感というものを味わったのよ。 それに彼には後光が差していたの。 男が男に一目惚れしたのよ」 
  

お元気ですか?! - Hinna

2020/04/25 (Sat) 22:08:26

FQGPのホームページから、掲示板や回答のページに移動しなくなって、みんなに心配をかけましたが、ようやく問題を少なくともここに書き込めるところまで解決しました。PC画面の拡大を100%にすると移動できる・・その後に戻しても大丈夫。ここまで解明したので、ご心配かけました!!!

さてコロナウィルスで窮屈な生活をしてると思うけど、大丈夫ですか?? みんな気をつけて、そして乗り越えて、世界中みんなでパーティーを目指しましょう!!!

ダイブ・バー No.25 - Hacchi-

2019/04/29 (Mon) 13:05:25

 リサは田口の渡米以前の話を聞いていて、日本ならどこにでもいそうな一億総中流家庭で田口という男は育ったのだなと思った。 

 父の茂は真面目に役所を定年まで勤め上げ、母の美奈子は専業主婦として家庭を切り盛りし、そして姉の遥子は出戻りという、微妙な立場ながら田口家の長女としての役割を務める。
その田口 了は長男で且つ末っ子の役割を田口なりに務め、家族に愛されて育ったのだと、彼の人柄からも垣間見える。

 リサはそんな田口家を羨ましいと思った。
自分は一人っ子で、父の壮一郎は、総合商社勤めで海外単身赴任が長く、年に一、二週間家に居る程度だ。
しかも、リサが壮一郎の赴任先に行こうとしても、危険度の高いアフリカの国ばかりが赴任地で、祖母の、のりこに至っては、コンゴ、トーゴやガボンだとか、何か怪獣でもいそうだから、絶対行ってはだめだと懇願される始末。
  それでは、「お父さんは、大丈夫なの?」 と、リサが祖母の、のり子に訊ねると、「そりゃあ、お父さんは、  
仕事だから大丈夫よ」 と、太鼓判を押すように話すのだが、時よりリサは父の壮一郎が怪獣と格闘する
夢を見た。
 深い青い空の下、アフリカの濃い黄色の大地に立つ父は、逞しく凛々しい男の姿で、今まで見たことのない父の姿だ。
リサは濃く深いアフリカの大地に思いを馳せた。
 母の眞由美は、総務省のキャリアで帰宅が深夜になることもしばしばで、リサが物心ついてから両親とともに過ごした時間は数えられる程度だ。
 母の眞由美とベルギーから東京に戻ってからは祖母の、のりこに育てられたようなものだ。
クラスの子が、両親といっしょに、どこどこへ行くとか行ったとかという話を聞くのに、うんざりしていた。
尋ねられるのには、それ以上にうんざりしていた。



 リサが、優平がシェアハウスを出て行った夜の事や、田口が何度かヴェニス・ビーチまでリサを訪ねて来た事などに思い耽りながらサイドウォークをヴェニスに向かって歩いている頃、一台のミントグリーンに塗られた1978年製ダッジ・マグナムGTが、リサの住むシェアハウスの前に、グオーという音を轟かせて停まった。
 


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.